ハイパーDC療法について

ハイパーDC療法

本療法は、がん細胞と自己の繊維芽細胞から、全てのがんの目印を認識した擬似がん細胞を製造し、がんの目印の全てを樹状細胞に認識させたハイパーDCワクチンを患者さんへ投与し、体内で眠っているキラーT細胞(獲得免疫細胞)に情報を伝達、活性化してがん細胞を攻撃する治療法です。

本療法は、がん細胞が必要(生のがん組織や、病理検査時のパラフィン固定のがん組織)です。第五世代の最新樹状細胞療法は強力で、ハイパーDCワクチンとインターロイキン12(IL12)を用いた治療であり、医療法人社団朱雀会きぼうの杜クリニックが本療法のワクチンを唯一製造しています。

原理

樹状細胞は、がん細胞や擬似がん細胞を内部に取り込んで破壊し、がん抗原のタンパク質(がんマーカー)の全て(100以上)をがんの目印として取得した司令塔的な役割を担う免疫細胞をワクチンとして注射、体内の眠っているキラーT細胞にがん情報を伝達、活性化してがん細胞を攻撃させます。樹状細胞によって活性化されたキラーT細胞は、目印と同じ特徴を持つがん細胞を積極的に攻撃します。通常のペプチドワクチン療法や樹状細胞療法も、同様の樹状細胞の働きを利用して、がん組織を攻撃する治療法でしたが、がんは、増殖の過程でがんマーカーの一部を隠します。目印がないがん細胞を樹状細胞は認識できず、司令塔の役割が果たせません。結果、がん細胞への攻撃力と確実性が低いという問題点がありました。しかし、本療法は、通常の樹状細胞療法の弱点をカバーして開発された最新の樹状細胞療法と言われる免疫細胞療法です。

繊維芽細胞とがん細胞の目印を融合させる画期的な治療法

本療法は、患者さんのがん細胞を利用して樹状細胞によるがんワクチンを製造し治療します。
通常の樹状細胞療法のぺプチドワクチンは、がん目印(がんマーカー)を特定できなくなる場合が多く、有効率は極端に低下してしまいます。本療法との違いは、樹状細胞に全てのがん細胞の目印を認識させることができる技術です。一部の目印しか使用できない通常の樹状細胞療法と、すべての目印を使用できる本療法という点になります。がん細胞の特徴をしっかりと認識できれば、殺傷力の強いキラーT細胞へ攻撃の指令が明確に伝わり、がん細胞を確実に減らすことができます。

目立たないがんや変化するがん細胞も探し出して攻撃!

ハイパーDC療法は、これまでの樹状細胞療法とは異なり、がんの目印がはっきりしないがん細胞や、目印を変化させて免疫細胞から攻撃を免れるがん細胞にも対応し、あらゆる病態のがんに適合します。ワクチンを投与するとき、インターロイキン12というサイトカインを投与することで免疫細胞をさらに活性化させることができます。
このように、本療法は、樹状細胞を使って、がん細胞の情報(目印)を確実にキラーT細胞へ伝えてがんを攻撃します。

基本的な治療の流れ

ハイパーDC療法は、自由診療です。医師の説明をお聞きいただいた後、患者さんの自由意思で受診を選択して頂く治療になります。

2週間、1ケ月、2ケ月毎と患者さんにあわせた間隔で、1クール6回のワクチン投与となります。

採血・皮膚生検は、治療スケジュールにも依りますが、初回問診日当日に行うことも可能です。

Step1-初回問診 

ハイパーDC療法について医師が詳しくご説明いたします。

受診医療機関では、電話相談窓口も開設しており、事前に治療に関するご相談も可能です。

Step2-採血・皮膚生検

ハイパーDCワクチンのもとになる樹状細胞を取り出すため、採血を行います。

また、ワクチンの材料となる疑似腫瘍細胞を培養するために、患者さんの皮膚より少量の繊維芽細胞を採取します。

Step3-ワクチン製造

ハイパーDCワクチンの製造は、患者さん自身の細胞を材料とする為個人差があります。

平均的には材料到着日から起算しておよそ2〜4週間程の日数が掛かります。

Step4-投与

投与は、ハイパーDCワクチンそのものの投与とIL12の投与を同日に行い、翌日IL12のみを投与します。

ワクチンの製造状況に応じて、投与日をご指定させて頂きます。

ワクチン製造に使用する腫瘍細胞について

ハイパーDCワクチンの材料となるご自身の腫瘍細胞の入手方法については、医師よりご案内いたします。

  • 手術や生検で採取した組織の一部
  • がん細胞を含む腹水、胸水
  • 病理標本

少量の皮膚生検を行い線維芽細胞を培養します。その細胞に腫瘍細胞から抽出した遺伝子情報(DNA)を加え、がんの顔つきを再現します。