乳がん

乳がんとは

乳がんとは、乳腺組織に発生するがんの総称です。
乳腺組織の一部の細胞の遺伝子が変異し、がん細胞となって増殖したものです。 乳がんは乳管から発生する「乳管がん」、小葉から発生する「小葉がん」に区別されます。その中でも非浸潤がん、浸潤がんに区別され、進行度によって治療の頻度や予後に差が出てきます。

乳がんの原因

初経年齢が早い、閉経年齢が遅い、出産歴がない、初産年齢が遅い、授乳歴がないことがリスク要因とされており、体格では高身長、閉経後の肥満、飲酒習慣により、乳がんリスクが高くなります。その他、一親等の乳がん家族歴、良性乳腺疾患の既往、マンモグラフィ上の高密度所見、電離放射線曝露も乳がんのリスク要因とされています。

乳がんの症状

乳がんの症状は痛みを伴わない腫瘤(しゅりゅう)、えくぼのようなくぼみや皮膚が赤く腫れる等の皮膚の変化、乳房の近傍のリンパ節が腫れるなどの症状が見られます。