治療実績

免疫細胞BAK療法の治療実績

きぼうの杜クリニックでは2008年8月の開院から現在まで、患者さんにがん治療 免疫細胞BAK療法を行ってきました。きぼうの杜クリニックでの培養数は9,000件を超える実績があります。

原発部位別

最も多かった部位は肺がん、続いて胃がん、大腸がんとなっています。

 

年齢別

年齢別に見て行くと60~69歳の方々が34%と最も多く、がん治療 免疫細胞BAK療法を受診されています。

 

ステージ別

全部位でのステージ別に見て行くとステージⅣの方々が74%と圧倒的に多く、がん治療 免疫細胞BAK療法を受診されています。