免疫細胞BAK療法について

がん治療 免疫細胞BAK療法

BRM Activated Killer(生物製剤活性化キラー)療法の頭文字を取ったものです。

がん治療「免疫細胞BAK療法」は、国への届出、受理されたリンパ球を用いたがん免疫細胞療法です。使用する免疫細胞は自然免疫細胞のγδT細胞NK細胞を主に使用して治療します。免疫細胞BAK療法は、多数の医療機関に認めて頂き、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」を遵守した全国110ヶ所を超える医療機関と連携して”お住まいの近くでのがん治療“をご提供しています。

本療法は、自然免疫細胞のNK細胞とγδT細胞を使用するために、がん細胞を特定することなく非自己細胞としてがん細胞を攻撃できます。γδT細胞は、免疫細胞BAK療法の開発者である、海老名博士が世界で初めてがんを攻撃する事を発見しました。γδT細胞は、平成24年7月3日の日経新聞によれば、東大病院で採用された細胞です。

免疫細胞BAK療法の特色

  1. がん細胞は増殖するにつれて、免疫細胞の攻撃を逃れる為に、がん細胞の目印の1つである「白血球抗原(HLA-Ⅰ)」を70%位を隠していきます。獲得免疫細胞である「キラーT細胞(CTL)」は、「がん抗原」と「白血球抗原(HLA-Ⅰ)」を同時に認識してがん細胞を攻撃します。そのために70%位のがん細胞を認識できなくなりがんを攻撃ができなくなります。免疫細胞BAK療法は、自然免役細胞を使用するために正常細胞を認識して、それ以外の細胞(がん細胞)を攻撃する療法で、主にγδT細胞NK細胞を増殖(100億~200億個)、活性化します。
  2. 初期のがんの大きさは10mm位とされています。約10億個のがん細胞の集まりです。攻撃する免疫細胞数が問題ですが、通常の培養技術が10億個~20億個の細胞数であるのに比べて免疫細胞BAK療法の培養技術では、100億個~200億個と圧倒的な細胞数で「がん」を攻撃します。。
  3. 増殖した免疫細胞は、活性化(覚醒)と呼ばれる状態でなければ「がん」を攻撃できません。免疫細胞BAK療法は、特許による免疫細胞を活性化させてから体内に点滴します。即ち、がん細胞を強力に攻撃する強兵となっています。
  4. 免疫細胞BAK療法は、自己の免疫細胞を使用しているために殆ど副作用がありません。治療に要する時間は外来の点滴で1時間位で入院の必要はありません。
  5. 多種多様な血液検査を実施して、データを時系列に管理し、データベースして常に患者さんの健康管理をします。
  6. 免疫細胞BAK療法は、多数の医療機関に認めて頂き、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」を遵守した全国110ヶ所を超える医療機関と連携して”お住まいの近くでのがん治療“をご提供しています。

免疫細胞BAK療法の技術

免疫細胞BAK療法には、大きく3つの技術特徴があります。

がん細胞の認識方法

がん細胞は、免疫細胞の攻撃を免れる為に70%位のがん認識情報を隠します。しかし、正常細胞を認識してがん細胞を攻撃するNK細胞やγδT細胞などのCD56陽性細胞を主に培養・増殖させるため高い効果が期待されます。

免疫細胞を約100億個~200億個まで増殖させる培養技術

免疫細胞を培養する為には、培地と言われる栄養源を使います。免疫細胞BAK療法で使用する無血清の「SALY培地」は、免疫細胞BAK療法が独占的に使用しています。他の培地に比べ、免疫細胞増殖能力が極めて優れており、約100億個~200億個に免疫細胞を増殖する事が可能です。また、無血清「SALY培地」は、人や他の動物種の血清を使用していないため、未知の病原ウイルスやマイコプラズマ、細菌等の混入の恐れがなく、極めて安全な培地です。

 

強力活性化技術の特許取得

免疫細胞BAK療法は、がん細胞を攻撃するキラー活性を増強したリンパ球として特許を取得しています。免疫細胞を増強・活性化させる物質であるインターフェロンα、インターロイキン2の処理により細胞を攻撃する力であるキラー活性を増強します。

 

治療を受けるにあたってご注意頂きたいこと

治療の対象となる方

免疫細胞BAK療法では、血液中の免疫細胞を培養するため、白血病や悪性リンパ腫など血液のがんを除いた全固形がんの治療を行っております。また、HIV・HTLVウイルス陽性の方については、お断りさせて頂いております。B型・C型肝炎ウイルス陽性の方は治療が可能です。

 副作用が少ない治療法です。

免疫細胞BAK療法は、培養の最終段階で活性化処理に使用する薬剤を取り除き、患者さん自身の免疫細胞だけを戻すので、副作用が殆どない治療法です。一過性のものとして、投与した当日、まれに38度台まで発熱する場合がありますが、数時間後には平熱に戻ります。(NK細胞も含めたCD56陽性細胞が免疫を刺激するサイトカインを大量に放出することにより起こる現象です。)

免疫細胞BAK療法は自由診療です。

免疫細胞BAK療法は自由診療となるため、治療費は全額自己負担となります。
(医療費控除は対象となります。)

基本的な治療の流れ

  1. 患者さんから20mlの血液を採取します。(約10分)
  2. 免疫細胞を約100億個~200億個まで増殖します。(培養期間は約2週間)
  3. 治療は外来で点滴により体内に戻します。(約1時間)

問診・採血・点滴の外来治療です。
【採血】→【培養】→【点滴投与】の2週間の流れを、1ヶ月に1、2回の頻度で12回行うことを基本とし、これを1クールと位置づけています。

患者さんの症状に応じ、ステージⅠでは月2回、ステージⅡ~Ⅳでは月4回のペースで、1クールの治療を推奨しています。その後の状況を診て医師と相談しながら治療回数を決定します。